東京で家を買う[6] コーポラティブハウス編 part1

本当に中古マンションしか選択肢はないのか?

おさらい

今までの東京で家を買う条件をまとめると、

  • 場所は城北、城東11区
  • 物件は中古マンション
  • 中古マンションの価格は4210万円
  • 住むためにはリノベーションが必要
  • リノベーション価格は700万円
  • 諸経費は114万円

4210万円   +  700万円  +  114万円 = 5,024万円

(物件価格)+(リノベーション費用)+  (諸経費)

という所まで見えてきました。

本当に他に選択肢はないのか?

コーポラティブハウスという選択

「コーポラティブハウス」って聞いたことありますかね?

去年かな、やっていた深キョンが出たドラマの舞台が、コーポラティブハウスでしたね。

定義をWikiPediaから調べてみると、以下とのことです。

コーポラティブハウスとは、入居希望者が集まり組合を結成し、その組合が事業主となって、土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを行う集合住宅のことである。

はい、これでわかる人いますかね?

なんか、組合を作って土地を買う?って感じですよね。まぁ、わかる方がおかしいと思います。

えー、私はコーポラティブハウスに住んでいます!
よーく、中身を知っています。

今まで検証してきた、東京で家を買う選択肢を一つ増やすことができます。

良い面も悪い面も含めて、私の経験から次回以降まとめていきます。乞うご期待!

今日のアルバム

Community/FAVELA

ちょっと今日はマニアックな人ですが、「FAVELA」という人の作品です。

もう5年くらい前ですかね、たまたまSoundCloudで聞いて、すぐに大好きになりました。

その頃は再生回数300回とかそんなもんだったんですけどね。

ジャンルを伝えるのが難しいですが、Chill系のボーカル有りのエレクトロかなー。

まぁ、非常にゆったりしていて、美しい音と歌声で構成されている芸術品のように感じます。

うん、ちょっと古いですけど、「癒し系」ですね。

是非聞いてみてください。